検索結果

No. 26 年齢 37 歳 性別 男性
[ひきこもる前]
○性格:
・気弱なところがあり、危ないことができない。
○特記すべき出来事:
・中学までは成績もよく、クラスでもトップレベルだったが、高校に入ると低迷。
・親から「肉体労働するようになっちゃダメ」といわれ、その言葉にがんじがらめにされ無理な大学受験をした。
[ひきこもり開始]
○概要:
・3年大学浪人して、受験をあきらめ、その後1年間アルバイトし、ひきこもり生活に入った。
○きっかけ:
・アルバイトから正社員になることは難しいといわれたこと。
○年齢:
・22歳。
[ひきこもり中]
○概要:
・訪問支援者(著者)は通い始めて数か月後に顔を合わせて話せるようになった。
・インターネットを通じて、世の中の情報に精通している。
・訪問支援者は、ちょっとした言葉のかけ違いがあり、本人との関係が疎遠になったことがあり、修復に数か月かかった。
○経過年月数:
・15年(2012年時点)。
○家族とのコミュニケーション:
・話はできる。
○外出:
・深夜に近所の自動販売機のジュースを買うことはできる。
出典: 長期ひきこもりの現場から (石川清) 洋泉社(2017) P36~及びP108~ 訪問支援する著者の体験
該当 1 件 / 1 ページ目
ひきこもり事例検索に戻る