検索結果

No. 27 年齢 32 歳 性別 男性
[ひきこもる前]
○特記すべき出来事:
・両親が公務員で、しつけが厳しかった。
[ひきこもり中]
○概要:
・両親が寝付いた後でないと身動きが取れない。夜10時から朝4時までが活動時間。
・近所の店にないものはネット通販で買い、昼間親に受け取ってもらう。
・なんでもきちんとしていなければ済まない両親を嫌悪している。
・訪問支援者(著者)は両親の紹介で、訪問をはじめ、名字を変えたいとの相談を受けた。
・その後2年間に本人は訪問支援者と海外を含めいろいろ旅行した。その結果自立に向けて手ごたえと自信をつけた。
○経過年月数:
・10年(2010年時点)。
○家族とのコミュニケーション:
・両親の前に顔を見せない。会話も全くない。
○外出:
・活動時間には外出でき、必要な買い物はある程度できる。
[ひきこもり後]
○脱出きっかけ:
・訪問支援者との旅行の経験で自信をつけ、深夜自宅からアパートに引っ越した。
○生活状況:
・訪問支援者の紹介でアルバイト先を見つけ、採用が決まった。
出典: 長期ひきこもりの現場から (石川清)洋泉社(2017) P39~及びP114 訪問支援する著者の体験
該当 1 件 / 1 ページ目
ひきこもり事例検索に戻る