検索結果

No. 30 年齢 30 歳 性別 男性
[ひきこもる前]
○性格:
・断ることができない性格。
○特記すべき出来事:
・高校・専門学校卒業後、親元を離れ、IT企業に就職。
[ひきこもり開始]
○概要:
・アパートの隣人が会社を辞めひきこもって亡くなった。IT会社を退職後、自分もそうなることを恐れ、自宅に戻った。
○きっかけ:
・IT企業で頑張り過ぎて出社できなくなった。
[ひきこもり中]
○概要:
・父親とできるだけ顔を合わせたくない。父親が定年退職してから一層ひきこもりがひどくなった。
・食事で下に降りるとき以外は、運動しないので、もとはやせ型だたっが肥満体型になった。
・連続して3日程度であれば、能弁快活に振る舞える。3日が上限で、その後は疲れて1週間くらい身動きが取れなくなる。
・うつ病やひきこもり治療に定評のある心療内科や精神科を2箇所ほど受診し、2年ほど通ったが効果がなかった。
・それではいけないと思い訪問支援者(著者)と自宅から30km以上離れた喫茶店で会った。会った理由は、もともと旅行がしたかったが、海外は無理だろうなと思っていたところに、訪問支援者はひきこもりの人を海外に連れて行ってくれると母親からきいたから。
・訪問支援者とベトナムから陸路でカンボジア、タイを経て帰国する旅を敢行した。
○経過年月数:
・9年 (2000年ごろ時点)。
○食事:
・1日1回(夕食)。父親が食べる前に、食事しふろも入り自室に戻る。
出典: 長期ひきこもりの現場から (石川清) 洋泉社(2017) P147~及びP175~ 訪問支援する著者の体験
該当 1 件 / 1 ページ目
ひきこもり事例検索に戻る