検索結果

No. 38 年齢 16 歳 性別 男性
[ひきこもり開始]
○概要:
・高校2年の5月連休以降登校しなくなった。高校を辞めて大検予備校に行くと宣言。
○きっかけ:
・高校2年の春、部活をやめて以後友達ができなかった。
[ひきこもり中]
○概要:
・大検予備校もやめて自室にこもるようになった。
・支援者(筆者)が訪問し強引に面会。窓もカーテンも閉め切った部屋に明かりも点けずにいた。簡単な会話をした。
・次の週、大学生の支援者を連れて訪問したが、部屋から出てこなかったので、ドア越しに会話した。
・その後大学生と1年半に渡る付き合いが始まった。当事者ははじめは避けていたがどんどん仲良くなり、共通の趣味を話したり、ドライブに行くようにもなった。
[ひきこもり後]
○脱出きっかけ:
・大学生の訪問支援者との交流。
○生活状況:
・再び大検予備校に通い、大学生は家庭教師に早変わり。当事者は首尾よく大学に合格した。
出典: ひきこもり支援論 (竹中哲夫) 明石書店(2011) P101~ ・訪問支援する著者の体験の基づく創作
該当 1 件 / 1 ページ目
ひきこもり事例検索に戻る