検索結果

No. 45 年齢 30 歳 性別 女性
[ひきこもり開始]
○概要:
・中学時代にいじめにあい、登校拒否が始まった。
[ひきこもり中]
○概要:
・その後あれこれ手を尽くしたが、関係相談機関から対応手段がないといわれ、自宅で暮らしているうちに20年が過ぎた。
・家の中で穏やかな生活を送っているが、ほとんど外に出ない。家族以外の人間関係も皆無である。外出などの話をすると怒って夕方まで起きてこないので、当たり障りのない日常会話に限定している。
・手紙サポートは消極的ながら同意し、大学院生からの手紙が2年以上続いている。返事はないが、受け取った手紙は机の上にきちんと保管されている。
・両親は何度もあきらめながら、また気を取り直して、支援者(筆者)と今後の支援方向を探っている。両親によると、返事は書かないものの、手紙が来るのを楽しみにしているようである。
出典: ・ひきこもり支援論 (竹中哲夫) 明石書店(2011) P115 ・訪問支援する著者の体験の基づく創作
該当 1 件 / 1 ページ目
ひきこもり事例検索に戻る