検索結果

No. 49 年齢 30 歳 性別 男性
[ひきこもる前]
○性格:
・おさないころから人が怖く、おどおどしていた。
○特記すべき出来事:
・幼少期から「誰に養ってもらっているんだ」といわれ続けた。
・両親ともこの世界で自らが望んだように生きられなかったストレスを子供にぶつけていると感じてきた。
[ひきこもり開始]
○きっかけ:
・中学校1年のときに泊りがけ行事に行けなかったことから不登校になった。
[ひきこもり中]
○概要:
・精神科の半年間の心身回復のプログラムを受けた後、10日間のアルバイトを無事完了。
[ひきこもり後]
○脱出きっかけ:
・訪問支援者との中国旅行。
○生活状況:
・その後、大学生の時に学童保育で1年半アルバイトした。
・26歳で大学卒業、その後2年間の専門学校を経て、精神障害者関係の仕事に就くがストレスを感じ半年で挫折。
・その後、発達障害者を対象とした職業訓練校に通い、ハローワークで障害者枠の仕事を見つけ、1年半継続して勤務している。
出典: ・ひきこもり新聞No.10 2018年10月号 ・本人による記事
該当 1 件 / 1 ページ目
ひきこもり事例検索に戻る